Scenary
Restaurant
Obstacle Course
Waterfall2
COMPRESSED2
PLATYPUS
Group photo
Canoe
Waterfall
Waterfall3
Group photo

2014年 2月 1日(Sat.)

さよなら睦月

こんにちは如月

 

僕が日本から出る前に友達が言ってくれた“1年しかないと思うといいよ”

って言葉が実感に変わってきた。

 

Mungalliに来て まだ3ヶ月

山ってのはこんなに変わるんだろうか。

よくランニングをしていたせいもあるのだろう。僕には、その変化がよくみえた。

 

ある週は40℃近い日照りが続き、ある週は朝から晩までバケツをひっくり返したような雨がつづく。

その雨が止み、また洗濯日和になると 息を吹き返すように

しおれていた雑草が一日で5cmは伸びてるんじゃないかというスピードで育つ。

 

ここに来たばかりの頃は、アブのくせに めちゃくちゃ五月蝿く飛んでいた。その季節が過ぎると、蛙が増え、蛇が増え

画に描いたような わかりやすい食物連鎖が思い浮かぶ。

最近は、日本のよりも点滅する間隔の早いホタルがきれいだ。

 

牧場には、子牛も増えた。いつのまにか青年牛くらいになっているけど。

 

近所の人は、いつの間にか僕の顔を覚えてくれてて

いつもの赤いパンツに麦わら帽子ではなく、黒パンに帽子もかぶらずに走っていると

帽子はどうしたんだい?と聞いてくれた。

それでも変わらず、目が合えば笑顔をみせ親指を立ててくれる。

そんなドライバーさんたちと挨拶するのが、いつの間にかに走るときの楽しみにもなった。

 

スタッフの顔ぶれも変わった。ほんとに色々と濃い人たちに出会えた。

些細な一言やら共同生活の中やら何やらから 多くを学ばせてもらいました。至らなさも感じたし、頼られる喜びも教えてくれました。

なにより いっぱい笑わせてくれてありがとうございました。Thank you for everything!!

 

大切にしたいと思った1年間

その4分の一 ここで過ごせたことには、とてもとても感謝しています。

ツアーのお客さん、一緒に遊んだ学生さん、スタッフ、ツアー会社の関係者の方々、隣人の皆さん、旅人の皆さん

ここでのあった人とか出来事とかが、僕にとって すごく大切です。

おかげさまで、Mungalliと同じく変われたと思います。良くなったんだか、悪くなったんだか(笑)

そんなわけで、これからも小さな変化も大切にしていきたい。残りの日々も。

ご覧のとおり、かなり勝手な文章となっております(笑)

無理してこじつけて、あえてMungalli BLOGらしくするならば

Blogを見ている方にも、ここに来てほしいと思うし。

もし気に入ってくれたなら、また時期をずらして来ていただけたら 少し違うMungalliを楽しんでいただけると思います。

ぼくは、ここにまた来ます。

また訪れたいって場所ができたことがとても嬉しいです。

皆さんにもあるでしょうか?あるなら、これを見たのを機に

それぞれの思い出の地に足を運んでいただけたら感激です。

 

そんじゃ、ここいらでチャン♪チャン♪

Share