Waterfall
Scenary
Waterfall3
Canoe
COMPRESSED2
Restaurant
Group photo
Group photo
PLATYPUS
Waterfall2
Obstacle Course

2014年 4月17日(THU.)

こんにちは!!

本日はあいにくの雨、、、

 

昨夜は、ラッキーなことに晴れていたので、スタッフ何人かで土ボタルを見に行きました。

真っ暗の中みんなで手をつなぎ、、、

光るきのこを土ボタルだと思い込んでいた私たちwwww

だが、Mungalli Falls に着いた瞬間、、、、、、、、、

本物の土ボタルが一面に広がっていました:)

 

そもそも、土ボタルとは、、、

ラピュタの飛行石のモデルとされたのではと言われており、その光景はまさにその通りで魅力的、かつ神秘的である。英語でGlow wormというが、直訳すると“光るミミズ”である。幼虫のときはミミズの様な形をしており、お腹の下が光る。絶対に懐中電灯等で光を当ててはいけない。土ボタルは光によって虫をおびき寄せ、穴の入り口に蜘蛛の巣のような膜を張って捕まえて食べる。発光物質、水、廃棄物が化学反応を起こし、光を作る。光を当てることにより、発光出来なくなってしまうため、光を作れないイコール虫を捕まえられない。いずれは死んでしまうということである。幼虫の状態は10ヶ月ほどで、その後、昆虫になり、蚊のような生き物で口が無くなる。4日から1週間の間しか生きられず、子孫を残した後にすぐ死んでしまいます。

 

みなさん、知っていましたか??

私も最初は意外すぎてビックリしました。

 

皆さんも是非見に来てください。

Share